女性

更年期障害の症状には早めに対策する|男性も女性も悩む病気

このエントリーをはてなブックマークに追加

手の血管が目立ちません

手

生活習慣を見直しましょう

ハンドのペイン治療をするときは、今後のケアをしっかり見直さなければなりません。一時的な対処法として考えられることは10秒程度でも良いので、手を心臓よりも上の高さで保つようにしましょう。そうすれば、手に滞留していた血液を心臓に戻すことができます。血液が正常に流れれば血管が浮き出た状態も治すことができるので、ハンドのペイン治療を受けたときよりも症状は改善します。また血管が浮き出ないようにするために紫外線や乾燥のことも気にしながらケアをしましょう。食器洗いや掃除など水仕事をするときはゴム手袋を付けるようにしてください。また、作業が終了したらハンドクリームを塗るようにして手を保湿させましょう。紫外線対策では日焼け止めクリームを塗ってケアをしてください。

ダメージも少ないです

ハンドのペイン治療はレーザーで治療を進めていきます。レーザーを使うと副作用を心配する人もいますが、ハンドのペイン治療の場合は傷跡も特に目立たないので、体へのダメージも少ないです。治療は1時間程で終了して治療をしたらすぐに帰宅することができます。レーザー治療をするときは、太めの血管も含めて浮き出ている血管を目立たなくさせることができます。治療は血管外科医が担当するので安全で確実な治療をしてくれます。症状が回復したら悪化する可能性は少なくなります。処置後は包帯を巻く必要もないので日常生活において犠牲になることはありませんしいつも通りに生活することができるようになります。治療費用は30万円から60万円です。治療範囲によって費用が異なるので調べておきましょう。